【初心者向け】Amazonアソシエイトの審査に通過する方法

Amazonアソシエイトの審査に通過する方法

Amazonアソシエイト(正式名称は「Amazonアソシエイト・プログラム」)は、Googleアドセンス同様、審査が厳しいと言われています。

生徒
初心者には難しいのかな?
先生
そんなことはありません。いくつかのポイントをおさえておけば大丈夫!

ネット上には審査に受かるための情報があふれていますが、「これ本当に正しいのかな?」と思うようなものもちらほら・・。

そこで今回は、「これだけはおさえておきたい3つのポイント」に絞って、Amazonアソシエイトの審査に通過するための方法を解説していきたいと思います。

 



Amazonアソシエイトの審査に受かるためのポイントとは?

審査が厳しいと言われるAmazonアソシエイトですが、審査に落ちた人の声を見ていると

落ちた理由がわからなくて困る💦」

というものがたくさんあります。

私もサイトの追加申請で落ちた経験があるのですが、Amazonアソシエイトから「残念ですが・・・」という落選メールが来るのって結構ショック。

審査に落ちた理由は教えてもらえないので、どこがいけなかったのかわからなくて本当に悩んでしまいます。

Amazonアソシエイトの審査を経験した人の記事を読むと、審査に通過するためのポイントが見えてきます。

中でも絶対おさえておくべきものを3つピックアップしてみました。

1.質の高い記事を10記事以上書く

Googleアドセンスの申請と同時期にする人も多いと思うので、少なくとも10記事以上書いて毎日投稿するようにしましょう(アドセンスは20記事ほどあった方が安心です)。

申請用に記事を書くのではなく、アフィリエイトサイトの設計に合わせて記事を書くようにすれば、自然と内容も濃くなりますので何よりも合格への近道になります。

検索順位が上がるアフィリエイトサイトの構成とは?

検索順位が上がるアフィリエイトサイトの構成とは?

2018年7月8日

文字数も少なく(500字くらいとか)内容が薄っぺらい記事や、出来立てのほやほやのサイトでは審査に通る可能性は低いです。

早くリンクを貼りたい気持ちはグッと抑えて、ある程度サイトの形が整ってから申請しましょう。

先生
記事数や文字数を気にする人が多いのですが、それよりも記事の内容やサイトの状況が審査対象になります。

 

column

不合格⇒記事追加⇒合格!

私がサイトを追加申請して落ちたときは、記事数が7、サイトを作って1週間ほど経ったタイミングでした。

サイトポリシーなどのページは設置してありましたが、7記事を一気に投稿したので、「サイトを作ったばかりで内容が薄いと判断されたのかも」と思い、さらに10記事ほど追加した後で再申請。

追加した10記事は毎日更新するようにしたのですが、この時はすんなり合格。申請の翌日には合格のメールをいただきました✨

 

2.Amazonアソシエイトの規約を守る

Amazonアソシエイトの運営規約を守るのは基本中の基本。

違反すると、たとえ申請を通っても後でアカウントが停止されることも十分あり得ますので、一度目を通しておきましょう。

参照Amazonアソシエイト・プログラム運営規約

「アダルト系でもないし違反するような内容じゃないから大丈夫」と思っていても、意外なところを見落としている可能性も。

一番気を付けたいのが、画像に関してです。

自分の撮影した画像を使う場合はいいのですが、ネット上で検索して見つけた画像を勝手に使ったり、不適切な内容を想像させる画像を使っていないか注意しましょう。

先生
ほんのりセクシーな画像を使ってアウト!という事例もあるので、「微妙だな」と思うようなら使わない方が無難です。

3.Amazonアカウントは普段買い物しているものを使う

Amazonを使って買い物をしているなら、そのアカウントを使ってAmazonアソシエイトに申請すればOKです。

「Amazonアカウントでの購入履歴がないと落ちる」という情報も見かけますが、初めてアカウントを取った人でも問題なく審査に通過していることから、購入履歴までは関係ないのかな、と思います。

注意した方がいいのは、次のパターンです。

申請につかうAmazonアカウントのNGパターン

  1. 既にアカウントを持っているのに、アソシエイト用に新規でアカウントを取得する
  2. アカウントに登録している情報が不正確

①は、「別のアカウントを使って、自分で購入するのを防ぐため」だと思われますが、登録に適当な名前を使うなどするとほぼアウトです。

②は、登録時に記入した内容が間違っていたり、数字の入力の仕方(半角ではなく全角にしているなど)で不合格になることもあるようです。

しっかり確認して正確な内容を登録しましょう。

「Amazonアソシエイト」登録のための方法あれこれ

ネットを検索していると、Amazonアソシエイトの審査を通過するための情報がたくさん見つかります。

中には、「これほんとなのかな?」と思うようなものも。

フリーメールはダメ?

プロバイダーのメールアドレスじゃないと審査に通らない、という意見をよく見かけますが、Gmailでも問題なく通過している人もいます。信頼度の問題で言えばフリーメールより有利かな、とは思いますが。

リンク(アフィリエイトリンク含む)を貼っていたらダメ?

私は思いっきりA8.netのアフィリエイトリンクを貼った状態で申請に出しましたが、大丈夫でしたよ! 

自然な形で貼っているリンクに関しては不利には働かない気がします。

ただし、サイトを作って間もないころはアフィリエイトリンクを貼る意味もあまりないので(まだアクセス数が少ないから)、申請結果を待ってから貼るほうがスムーズかも。

 

POINT

サイトがフレッシュなうちに申請しよう!

「落ちた理由がわからない」という人の中には、既にたくさんの記事を書いた後で申請しているために、理由を探りにくいという状況も多いようです。

そうならないためにも、サイト作成の初期段階(記事を10~20記事ほど書いたあと)で申請する方が、理由がわかりやすいです。

リンクを貼ったり画像をたくさん使った後だと、それを全部外して申請しなおすといった余計な手間がかかる可能性も。

 

Amazonアソシエイトの審査に通過する方法 まとめ

この記事を書いていて、「なんだか当たり前のことばかり書いてしまったかな💦」と思ったのですが、あえて投稿することにしました。

審査に落ちる人は本当に何度も落ちていて、「もう直すところなんかない!」と諦める人もいるくらい。

複雑な理由で落ちているわけじゃなくても(入力の間違いとか)、落ちるってなんだかへこむし嫌な気分になりますよね。でも、サイトを作成したての頃は、いろんな審査に落ちることだって想定内!

あまり深刻にならずに、違う広告を貼ったり新しい作業に時間を使う方がいいです。

忘れた頃に申請したらあっさりと合格することもありますからね!



Amazonアソシエイトの審査に通過する方法

ブログに最適なテーマ「STORK(ストーク)」




当サイトも使っているWordPressテーマ「STORK(ストーク)」。

スマホでの見やすさと操作のしやすさにとことんこだわった究極のモバイルファーストテーマです。