【SEO対策】内部リンクを最適化して検索順位を上げよう!

【SEO対策】内部リンクを最適化して検索順位を上げよう!

記事数がある程度増えてきたらぜひやりたいのが「内部リンクの最適化」です。

簡単にできるのにSEO効果は抜群!

内部リンクをきちんと貼るだけで検索順位がアップして、アクセス数と収益を伸ばしていくことができるんです。

しかも、外部リンクと違って自分で対策できるのがいいところ✨

生徒
具体的にはどうやるのかな?
先生
いくつかのコツがありますので、ひとつずつおさえていきましょう。

今回は、これからのSEO対策に欠かせない内部リンクについてわかりやすく解説していきたいと思います。

 



内部リンクとは?

外部サイトとつながるリンクではなく、自分のサイト内で記事同士をつなぐことを「内部リンク」と呼びます。

例えば、関連性の高い記事同士をリンクで結ぶのも内部リンクのひとつ。

ユーザーは「こっちの記事も読んでみよう!」と自然にリンクを踏んで移動していくことができます。

POINT

内部リンクの例

「SEOについては、【これからのSEO対策】アフィリエイト初心者が絶対おさえておくべき3つのことという記事でも解説しています。」

例えば↑このように別の記事にリンクを貼ることを言います。

「ここにリンクを貼っておけばユーザーの役に立ちそうだな」を思う場所に内部リンクを設置するだけなので、すごく簡単ですよね✨

内部リンクを最適化してユーザビリティを上げよう

内部リンクは主導で記事と記事をつなぐ以外にも、いくつかの種類があります。

内部リンクの種類

  • 関連する記事をリンクでつなぐ
  • カテゴリーやタグを設定する
  • パンくずリストを設置する
  • グローバルメニューを設置する
  • サイドバーに「おすすめページ一覧」などを貼る

このように、ユーザーがサイト内を動きやすいようにリンクを張り巡らせることを「内部リンクの最適化」と言います。

カテゴリーグローバルメニューがわかりにくい構造だとユーザーは目的の記事にたどり着けませんし、途中でサイトから離れてしまう原因にもなってしまいます。

生徒
あるある! どこに何があるかわからないサイト!
先生
自分にしかわからないようなナビゲーションは、せっかく訪問してくれたユーザーのためになっていないですよね。

パンくずリストグローバルメニューサイドバーからのリンクなどは、WordPressなら簡単に設置可能。

ユーザーが迷子にならないよう適切な内部リンクで誘導することができれば、サイトのユーザビリティ(利便性)はぐんっと上がります。

ユーザーの滞在時間が増えたりサイトのリピーターになってもらえたりと、いいことづくめ!

POINT

パンくずリストとは?

訪問者が今サイトのどこにいるのかを伝える階層順のリストのこと。

童話「ヘンデルとグレーテル」の主人公たちが森で迷子にならないように、通り道にパンくずを置いたというエピソードに由来しています。

パンくずリスト

内部リンクはSEO効果が高いってほんと?

本当です!

主なSEO効果は次の3つ。

  1. (ユーザーとクローラーが)サイト内をスムーズに巡回できる
  2. (ユーザーとクローラーに)ページ同士の関連性を伝える
  3. (ユーザーの)利便性が向上し満足度が上がる
  4.  
     

    Googleによるインデックス速度が上がりサイトの評価も高まる
    検索順位がアップ!

Googleなど検索エンジンのクローラーは、リンクをたどりながら情報をインデックス化していきます。

記事から記事へとクローラーが巡回しやすい構造に内部リンクを貼っておくことで、サイトの評価はアップ!

内部リンクがSEOに効果的な理由

内部リンクを適切に貼るとユーザーのサイト滞在時間は自然と伸びます。

そしてユーザーの動きを見ているGoogleからの評価も高まるという一石二鳥の効果が!

Googleのロボットもクロールしやすいので、「総合評価として検索順位を上げてもらえる」というSEO効果が期待できるんです。

被リンク対策のSEO効果は?

被リンク(外部リンク)とは、ほかのブログやサイトからリンクを貼られることです。

外部リンクの仕組み

被リンクが多いほどサイトの価値が高まるので、SEO対策としてかなり重要視されてきました。

ただし、サイトをいくつも作ってリンクを送る(自作自演リンク)など、不自然なリンクを貼ってサイトの順位を上げるという行為が見られることも。

生徒
不自然なリンクを貼っていたらどうなるの?
先生
Googleに「このサイトには不自然なリンクがたくさん送られているぞ」と見抜かれると、ペナルティを受け検索順位を大きく落とすことになってしまいます。

自分が運営する複数のサイトから相互にリンクを送り合うときには、不自然にならないよう慎重に貼る必要があります。

被リンクはあくまで自然につくのを待つのが安全。

Googleは被リンクの量よりも質を重要視しているので、ユーザーの役に立つ記事をきちんと書いていけば、ナチュラルな被リンクが自然と増えていくはずです。

 

内部リンクを効果的に貼るコツ

内部リンクはページの本文に設置する

内部リンクはいくつか種類がありますが、Googleが最も高く評価するのは本文中に設置した場合です。

POINT

本文中に「内部リンク」を設置した例
 

本文中に「内部リンク」を設置した例

メニューやフッターなどの共通部分からの内部リンクは高く評価されません。どちらかと言えばユーザーのための意味合いが強いかも。

もちろんどの内部リンクもサイトにとっては大切なものですが、どこに設置するかによってSEO的な重要度が変わってくることを知っておきましょう。

アンカーテキストにキーワードを含め最適化する

アンカーテキストとは、ページからページへ移動するリンクに使われるテキスト(文字列)のこと。

まずは、最適化できていないアンカーテキストの例を見てみましょう。

「こちらの記事」や「公式サイトはこちら」などのようにリンク先の内容がわからないアンカーテキストになっていますよね。

これだとユーザーやGoogleは「?どういう内容の記事にリンクが貼られているのかわからない💧」となってしまいます。

一方、最適化できているアンカーテキストの例を見てみましょう。

先ほどの例とリンク先は全く同じですが、ページタイトルなどキーワードが含まれたアンカーテキストが設定されていますね。

アンカーテキストのメリットは大きく分けて2つ。

1つはユーザーが記事から記事へと移動しやすくなるというユーザビリティの向上。もう1つはSEO効果です。

アンカーテキストには、クローラーにリンク先のページ内容について伝える役割があります。

キーワードを適切に含んだアンカーテキストならクローラーの巡回をスムーズに促すことができるので、ページ全体がインデックスされやすくなるんです。

重要なページに内部リンクを集める

内部リンクは「順位を上げたいページ」に内部リンクを集中させることが大切です。

重要なページに内部リンクを集める

例えばAというページにアクセスを集めたい場合、関連した記事であるB・C・Dからリンクを集めるんです。

生徒
1つの記事に内部リンクはどのくらい貼ればいいの?
先生
不自然にならないように貼れば数は関係ありません。

順位を上げたいページが「クレンジング」について書かれた記事なら、「クレンジング 使い方」や「30代に人気のクレンジング」などの関連キーワードで記事を作成しリンクを送るといいでしょう。

ビッグキーワードほど難易度は上がりますが、ミドルキーワードなら初心者でも十分チャレンジ可能✨

過去記事から新規記事への内部リンクも貼っていこう

記事を書いていくときに、「あ、この内容は昔書いた記事に関連しているな」と気づきリンクを貼ることは簡単です。

でも、つい面倒で後回しにしてしまうのが、過去記事から新規記事への内部リンクを貼ること。

記事数が増えたら過去に書いた記事を見直すのは、サイトのアクセス数を増加するうえで欠かせない作業です。その際には常に「本文から新規記事へリンクを設定できないか」を考えるようにしましょう。

内部リンクを貼る時の注意点

SEO効果が高いと知ると、ついつい内部リンクをたくさん貼りたくなりますよね。

でも、ただ貼ればいいわけではありません。
サイト内で重要なページだということをクローラーに認識してもらいたいので、記事同士の関連性の高さは絶対条件。

そのうえで、内部リンクが集まったページからさらに重要なページに内部リンクを設置するなど、「一番アクセス数が欲しいページ」にうまくリンクの流れを作る必要があるんです。

生徒
「一番アクセス数が欲しいページ」って?
先生
買ってほしい商品をまとめたページなどにすると、大きなアフィリエイト報酬につながりますよ!

ただ、内部リンクを貼るうちに「どのくらい貼ったかわからなくなってしまった💧」ということはよく起こります。

そんなときは、サーチコンソールの「検索トラフィック」から「内部リンク」を開き、サイト内の内部リンクのバランスを見て参考にしましょう。

 

【SEO対策】内部リンクを最適化して検索順位を上げよう! まとめ

アフィリエイトサイトやブログを成功へ導くために欠かせないのが、内部リンクの「最適化」です。

慣れないうちは難しく考えすぎずに、「この記事とこの記事は関連しているからリンクを貼っておこう」くらいでOK。コツコツと内部リンクを設置していれば、記事数が増えるにつれ効果を発揮してくれます。

内部リンクを最適化するだけでもSEO効果が高まって、驚くほどアクセス増加につなげることができますよ!



【SEO対策】内部リンクを最適化して検索順位を上げよう!

ブログに最適なテーマ「STORK(ストーク)」




当サイトも使っているWordPressテーマ「STORK(ストーク)」。

スマホでの見やすさと操作のしやすさにとことんこだわった究極のモバイルファーストテーマです。