【これからのSEO対策】アフィリエイト初心者が絶対おさえておくべき3つのこと

初心者向けseo対策

アフィリエイトの記事を書くときは、SEOに強い記事にする必要があります。

検索エンジンで上位に表示されるために必要なSEO対策ですが、慣れていないと難しく感じますよね。

ペンペン

SEO対策ってした方がいいの?

アフィリエイトをするなら必須です。狙ったキーワードで上位に表示されれば、自然とたくさんの人に見てもらえますし、収益も上がりやすくなります。

モカ

「SEOに強い記事の書き方」というテーマで書かれた記事はすでにたくさん存在します。

私もさんざん読み込んで、自分のサイトでも実践してきましたが、SEO対策は絶対ではありません。うまくいっていた方法が、あるときから効果がなくなることもあります。

今回は、これからアフィリエイトを始める人が絶対おさえておくべき「SEO対策」をご紹介していきます。

これからのSEO対策で知っておくべきこと

ペンペン

そもそもSEOって何?

SEOとは、検索結果でより適切なコンテンツが上位表示されるようにする仕組みのことです。

モカ

個人で運営するアフィリエイトサイトに限らず、企業のホームページや商品広告ページも、SEO対策を施すことで検索上位に表示されています。

1. SEO対策をしても検索順位が上がらない理由とは

SEOについて書かれた記事や本はたくさんあるので、興味があればいくらでも勉強することは可能です。

でもあるんです。SEOの壁が!

  • いくら本の通りにSEO対策をしても、検索順位が上がらない記事がある
  • 検索順位は上位に表示されているのに、まったくクリックしてもらえない

「思いつく方法はいろいろ試しているのに、どうしてなの?!」と諦めそうになったりもしましたが、あるときふと気づきました。

単純にユーザーが求めていない記事だからだ・・・

一生懸命書いた記事を自信たっぷりに送り出しても、実は独りよがりな内容にしかなっていないことってよくあるんです。

検索順位を決める大きな要因は、ユーザーファーストが徹底されているかどうか。

それが、今後のSEO対策の大きな柱になると実感しています。

2. Googleはユーザーの動きを見ている

以前のSEOは、どちらかと言えばGoogle寄りの対策が多く紹介されていました。

「ユーザーに選んでもらえるタイトルをつけよう」というアドバイスがあったとしても、「SNSで拡散されやすいから」といった理由のことがほとんど。

たとえ、SEOテクニックを使って検索順位が上がっても、ユーザーの求める内容ではないとユーザー自身が判断したら最後まで読んでもらえませんし、そもそもタイトルをクリックすらしてもらえないかもしれません。

Googleはユーザーファーストを理念として掲げています。

ユーザーが使いやすい検索エンジンになればなるほど、たくさんのユーザーがGoogleを利用するので、結果としてGoogleの利益が増えるからでもあります。

ユーザーファーストを大切にするGoogleは、ユーザーの動きを見ていますし、その動きによってサイトの質やコンテンツの有益性を判断しているのは間違いありません。

3. 「SEOテクニック=SEOに強い」ではない

ここで言うテクニックとは、「タイトルの前の方にキーワードをくっつけて入れる」とか「数字を入れる」「なるべく長文を書く」などのように、検索エンジンに評価してもらうための”技”をつかうことです。

確かに、検索エンジンに「有益な情報が書かれているな」と認めてもらうことは必要ですが、肝心の「ユーザーのためになっているか」という視点を忘れがち。

SEOに強いタイトル=「適度なキーワード」×「読みたくなる気持ち」

例えば、「敏感肌に最適な化粧水の選び方3つ」という、テクニックにのっとったタイトルをつけた記事を書いたとします。

まず第一関門として、「敏感肌 化粧水 選び方」で検索したユーザーが、このタイトルを見てクリックしたい気持ちになるでしょうか。

適度にキーワードが入って悪くないタイトルかもしれませんが、なんだか興味のわかないタイトルですよね。

本当にSEOに強いタイトルは、「あ、この記事読んでみよう!」と思ってもらえるかどうかで決まります。

求めていた情報が手に入り、納得した状態で公式サイトへと導かれるのが理想ですし、そこで初めてアフィリエイターにとっても、ユーザーにとっても有益な関係が作れたということになります。

ユーザーファースト&SEOに強い記事を書こう

ここまで、これからのSEO対策で知っておくべきことについて解説してきました。

ペンペン

ユーザーファーストが大切だということはわかったけど、具体的にはどんなSEO対策をしたらいいの?

ユーザーにも、グーグルにも評価してもらえる対策を同時にしていきましょう。

モカ

対策その1. SEOに強いカテゴリー設定にする

記事を書き始める前に、カテゴリーをきちんと決めておきましょう。

まだどんなカテゴリーになるか見当がつかない・・という人もいると思いますが、サイト設計の段階(記事を書き始める前)に、ある程度のカテゴリーは決めておくべき。

カテゴリーは、下の図のように構造的に設定するのが、SEO的にも適切です。

カテゴリー図

カテゴリーは大カテゴリーだけでもいいですし、図のように小カテゴリーを設定してもいいです。

ユーザーが迷子にならないように、どのカテゴリーにどんな記事がまとめられているか一目でわかることが大切。
 

モカ

カテゴリーは、同じ種類の記事を入れておく大きな箱のようなイメージで設定すると失敗がありません。

Googleがサイトを見に来た時に、カテゴリー構造がきちんとしていれば、「この記事とこの記事は関連があるんだな」と認識してくれやすくなります。

カテゴリーの注意点
  • 1記事1カテゴリーにする
  • カテゴリー名はキーワードを含める
  • シンプルな単語のカテゴリー名をつける

1つの記事にたくさんのカテゴリーをつめこんだり、長すぎるカテゴリー名をつけないようにしましょう。

「モカ」というカテゴリーに入れる記事には「モカに関する内容」だけを書く、というルールを徹底することで、ユーザーにもGoogleにもわかりやすくなるからです。

また、記事が増えてくると、カテゴリー自体がパワーを持ち、カテゴリーの記事一覧ページが検索上位に表示されることもあります。

カテゴリーページは、関連記事の一覧としてではなく、ひとつのコンテンツとして考えましょう。

対策その2. SEOを意識したタイトルをつける

記事のタイトルは、すごく重要なパート!

タイトルのつけ方次第で検索順位にも大きくかかわってくるので、慎重につけましょう。

ペンペン

どうしてタイトルが重要なの?

検索エンジンに記事の重要性を伝えたり、ユーザーが記事を読むかどうかを判断する材料になるからです。

モカ

タイトルに「検索してほしいキーワード」を含める

例えば、「コーヒー 初心者 いれ方」をキーワードに決めたら、「コーヒー 初心者がプロみたいに美味しくいれる 方法」のように、あくまで自然にキーワードを含めます。

ポイントは、Googleにも伝わるようにキーワードを入れることと、検索ユーザーに「読んでみたい、信頼できそう」だと感じてもらうという、2つを両立させることです。

タイトル文字数は30文字におさめる

検索結果を見てみるとわかりますが、25から30文字までなら、パソコンでもスマートフォンでも見切れることなくタイトルが表示されます。

ただ、不自然なタイトルになってしまうくらいなら、少し長くなっても大丈夫。その場合は、前半部分にキーワードがくるようにしておきましょう。

今のSEO対策は通用しなくなるかも?!

タイトルはすごく重要なので、いろいろな対策方法が出回っています。

キーワードは最初に入れる、複数ある場合はなるべく近くにする、数字を入れる、あおり文句を入れる、などなど。

確かに現段階では有効な方法でも、同じようなタイトルが増えすぎると、Googleが別の方法で関連性をはかるようになる可能性はあります。

シンプルなタイトルが理想的?!

テクニックを駆使したタイトルよりも、文字数の少ない超シンプルなタイトルで検索上位に表示されている記事もあります。

例えば、有名な「わかったブログ」の「蝉の捕り方」という記事。

初めて見たときに、「なんてシンプルでわかりやすいタイトル✨」と感動したのを覚えています。

しかも、記事の文字数も衝撃的。「4,000文字書きましょう」などという先輩アフィリエイターのアドバイスにプレッシャーを感じていた私には、かなりのインパクトを与えました。

誰にとっても(Googleにとっても!)わかりやすいタイトルと記事こそ最強だという、よいお手本ではないでしょうか。

対策その3. ユーザーの役に立つ記事を書く

カテゴリーやタイトルを決めたら、いよいよ記事作成にとりかかります。

SEOライティングに関する細かな知識はたくさんありますが、とりあえずここだけはおさえておきたいポイントを5つに絞ってまとめました。

1-見出しにキーワードを自然に含める

タイトルと同じく、見出しにもキーワードを適度に含めましょう。

極端に言えば、見出しだけざっと目を通せば、何が書いてあるのかわかるくらいのレベルに設定するのが理想的です。

見出しに関しては、【初心者向け】アフィリエイトサイトの「記事の書き方」で詳しく紹介していますので、読んでみてください。

2-文字数に正解はない

SEO対策として、とにかく長文を書くようすすめているサイトや本がありますが、長い文章ならいいというわけではありません。

ペンペン

何文字くらい書いたらいいのかな?

文字数が少なすぎる文章(800文字以下)は論外ですが、長すぎて何が言いたいのかがわかりにくい記事は、ユーザーのためになりません。

途中で離脱する人が多ければ、Googleからの評価も下げてしまいます。

モカ

要は、「ちょうどいい文字数」が求められています。

タイトルに惹かれて読み始めた人が、知りたい情報を得られて満足するちょうどいい内容ならば、文字数にはこだわらなくてもいいということですね。

3-画像を上手に使って飽きさせない

いくらよい記事を書いても、文章だけだと途中でつまらなく感じてしまうかもしれません。

そこで上手に利用したいのが、画像です。

自分で撮影した商品写真や、自作のイラストなどでもいいですし、無料で画像を提供してくれるサイトもありますので、イメージに合わせた画像を適度に入れていきましょう。

無料画像サイトを活用しよう!

私がよく使っているのが、Unsplashや、GIRLY DROPなどです。

そのまま使ってもいいですし、Canvaなどで文字を入れるなど、オリジナルな画像を作るのもおすすめ。

画像を使うときは、altタグの中に説明をいれることも忘れないようにしましょう。

4-アンカーテキストにキーワードを入れる

アンカーテキストとは、リンクを設定したテキストのこと。

下の例のように、「こちら」という、それだけでは意味のない言葉にリンクを張るのではなく、キーワードも含まれた文字にリンクを張ることで、SEO的に強くなります。

アンカーテキストの例

悪い例:「アフィリエイトのジャンル選び」について紹介した記事はこちらです。

良い例:「アフィリエイトのジャンル選び」について紹介した記事は女性がアフィリエイトで成功するためのジャンル選び【初心者向け】です。

上の例はどちらも同じページへリンクを張っています。

内部でリンクを張ることで、Googleがリンク先も見に行ってくれますし、ユーザーにとっても役にたちますよね。

5-スマートフォンファーストを意識する

現在ではパソコンよりもスマートフォンで見る人が圧倒的に多いです。

パソコンを使って記事を書くとつい忘れがちなのですが、記事を書いたら必ずスマートフォンでの表示を確認しましょう。

画像に入れた文字が見にくかったり、文章が長すぎて読みにくいなどの発見があるものです。

Googleはスマートフォンでの見え方も重視していますので、デザインも含めてスマートフォンファーストが求められています。

アフィリエイト初心者が絶対おさえておくべきこと まとめ

アフィリエイトをしているサイト運営者の半分以上が、SEO対策によって集客しているとのこと。

それほど重要視されているSEOですが、あまりこだわりすぎると、記事を書くスピードが遅くなってしまいます。

初心者だからまだSEO対策なんて無理、という人は、とりあえず記事を書いてみて、最後のチェック段階で今回ご紹介したような点を見直すようにするといいですよ。

文章が下手でも、一生懸命書いたものは、ユーザーに伝わります✨

誤字脱字がないかどうかも含め、投稿する前には「読んで伝わる、わかりやすい文章になっているか」をもう一度チェックしてから世に送り出しましょう!

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。