女性の強みを活かしたアフィリエイトサイトを作る方法

アフィリエイトを始めてみよう!と思って、まずすることはなんでしょう?

私は超初心者だったので、「見本になるサイトやブログを見たい!」と思い、片っ端から探して参考にしていきました。

ネットを見ていると、これアフィリエイトサイトかな、と思うサイトって結構見つかりますよね。

そこで感じたのが、運営しているのは男性が多いのかも、ということ。

ペンペン

アフィリエイトって、男性がメインなの?

女性向けのサイトでも、運営者が男性というパターンはたくさんあります。

モカ

アフィリエイトサイトを運営している男女比は、男3:女1というデータもあるそう。

そこで、当サイトがおすすめするのが、

女性の強みを活かしたアフィリエイトサイトを作る!

ことなんです。
 

女性ならではのアフィリエイトサイトの作り方とは

男性より少ないといわれる女性アフィリエイター。

せっかくなら、これを強みとして活かしたいですよね。

女性向けのジャンルを選ぶだけじゃ戦えない!

例えば、美容関係のサイトを見ていると、明らかに男性が運営しているものが多いんです。

「アンチエイジング」や「大人ニキビ」をテーマにしたサイトなど、女性から見ても参考になる素晴らしいサイトが上位を占めていて、「こんな規模のサイトは私には作れない💦」なんて諦めそうになるほど。

ペンペン

どうして、男性向けのジャンルじゃなく、女性向けのジャンルに進出するの?

美容などのジャンルは、広告主からの報酬が高いものがたくさんあるからなんですよ!

モカ

男性アフィリエイターは、ジャンル選びを重視している印象があります。

女性アフィリエイターはなかなか中古車などの男性向けジャンルに手は出しませんが、男性はそんなことは気にしません。

どのジャンルを攻めたらいいか、常に研究しているので、女性向けのジャンルにもどんどん進出して、女性以上のサイトを作り上げてしまうんです。

ジャンル以上に大切なのは「オリジナル」な記事を書くこと

では、そんな男性アフィリエイターもひしめくジャンルで、売り上げるサイトを作るにはどうしたらいいのでしょう?

それは、

自分にしか書けない記事を書いていく

ことにつきます。

なんだ、そんなこと?って思うかもしれませんが、これはたぶんすべてのアフィリエイターが目指している目標✨です。

個人でアフィリエイトサイトを運営し、成功させるための最大最強の武器がこれです。

ここに「女性である自分にしか書けない」という付加価値をくっつけて勝負するんです。

ネガティブな自分でもいい

いや、むしろネガティブな自分があってこそ、人の悩みや求めている情報がわかると思います。

例えば、

  • 誰にも相談できないけれど、背中に赤いブツブツがあって、病院には行かずになんとか直したい
  • ダイエット中だけど、置き換えがうまくいかなくて、逆に太ってしまった
  • 節約したいけれど、参考になるサイトが見つからない

などなど、誰しも悩みや疑問を抱えています。

そこであなたが、「私はこんな方法で解決した経験がある!」とか「今まさに悩みを解決しようと頑張っている」ということをサイトやブログの形で発信するんです。

背中をきれいにするために試した化粧品や、皮膚科での体験談、失敗した経験や、効き目があった方法など、自分が経験したからこそ書ける内容があるはず。

ネットで検索する、ということは、「誰にも相談できないけれど、ネットを検索すれば何かヒントがあるかも」と思っているからですよね。

そこまで重い悩みではなく、「敏感肌用の化粧水でおすすめのものはないかな」のような人向けの情報も、あなた自身が敏感肌で悩んだ経験があれば、説得力のある記事が自然と書けます。

どんな人にサイトを見てほしいのかをはっきりさせておく

アフィリエイトサイトを見ていると、これは誰に向けて作られたサイトなんだろう、と疑問に思うものが少なくありません。

売り上げを求めるあまり、「全部の女性に見てほしい」欲張った内容にしてしまうと、それはあなたにしか書けないサイトではなくなってしまうかもしれません。

最近は、大手企業もアフィリエイトサイトを運営しているので、「誰の役にも立つ」「いろんな人に見てほしい」内容では、とても個人では太刀打ちできないんです💦

アフィリエイトをするときによく言われるのが、ペルソナを決める重要性です。

ペンペン

ペルソナを決めるってどういうこと?

仮の人物像(=ターゲットとなる人物像)を具体的に設定することです。

モカ

column コラム

小山 薫堂(こやまくんどう)さんという放送作家さんがいます。

くまもんを考案したり、数々のヒットテレビ番組を手掛けたり、プロデュース業でも活躍している人です。

小山さんが大切にしているのが、「一人の人に向けて」企画したり、作成することだそう。

例えば、レストランのプロデュースを依頼された小山さんは、たった一人の人物(海外在住の知人)を思い描き、彼を招待した時に喜ぶ店はどういうものか、それだけをコンセプトに企画を練りました。

一般的な感覚だと、「できるだけたくさんの人に来てもらいたい、万人受けする店にしよう!」と考えがち。

それをあえて、一人の人にペルソナを定めたことで、お店のコンセプトが明確になり、結果的にたくさんの人に受け入れられる人気店になったのです。

アフィリエイトサイトのターゲット(ペルソナ)を決めよう! アフィリエイトサイトのターゲット(ペルソナ)を決めよう!

顔を出してサイトを運営する方がいいの?

これは、私がよく質問される内容です。

特にブログ形式でアフィリエイトをするときに、自分をキャラクターとして前面に出して記事を書いていく方がファンがつきやすい、という利点があるから。

ペンペン

確かに、誰が書いた記事なのか分かった方が、読んでいて楽しいし、説得力があるかも!

キャラクターを使うことは、ファンを増やすうえで重要なポイントです。

モカ

問題は、顔写真を載せて、自分を名乗って記事を書くかどうかという点ですよね。

わたしは、今運営しているブログやサイトで、顔や本名は公開していません。家族には内緒にしていませんが、知人や友人に知られたくないんです💦

ファンを増やすために、自分をキャラクター化する方がいいのはわかっていますが、なかなかその勇気がないまま運営しています。美容系のサイトには、化粧品を使っている画像なども載せていますが、顔がわからないギリギリのところまででストップ。

あくまで私自身の意見ですが、記事の書き方や写真の撮り方でいくらでも個性は出せると思っています。

イラストなどを使うのもおすすめの方法。
無料のイラストを使ってもいいですし、自分で作ってみるのも楽しいと思います✨
 

女性ならではのアフィリエイトサイトの作り方 まとめ

女性の強みを活かしたサイトを作るときに大切なのは、

  • 自分の体験をもとに、自分にしか書けない記事を書く
  • 誰に読んでほしいのかを決める
  • イラストやデザインなどで女性らしい個性を出す

の3つだと思います。

私が今作っているサイトは、「40代の女性が仕事をしながら自宅でできる副業をまとめたサイト」です。

ペルソナはもっと細かく設定していて、子どもの年齢層や、収入状況、趣味や好きなテレビ番組なども項目に入っています。

自分の経験を活かせる内容にしたいので、実際に自分もその副業にチャレンジしながら、失敗談も交えて記事を作成中。

日記代わりにもなって、「数年後に自分で読んだら楽しそうだな」なんて考えながら書いています。

興味のある内容なので、いくらでも書きたいことが浮かんできて困るくらい!

モカ

みなさんも、「自分の書きたいこと・誰かに教えてあげたいこと」を思い浮かべて、どんなサイトにしようか、アイデアをふくらませてくださいね✨