ワードプレスの固定ページってどう使う?投稿記事との違いは?

ワードプレス固定ページの使い方

初めてワードプレスで記事を書くときに、「固定ページって何?」「投稿記事とどう違うの?」と迷うことがあります。

ペンペン

どうやって使い分けるのかな?

基本的に、日付が入らなくていい内容は、固定ページで作るといいですよ。

モカ

プロフィールお問い合わせページなどの他に、まとめ記事ページとして使うこともあります。

今回は、固定ページの使い方と詳しい作り方をわかりやすくご紹介しますね!
 

固定ページはどう使う?

ワードプレスのダッシュボードを見ると、「投稿」と「固定ページ」という2つの項目があります。

ワードプレス 固定ページ使い方

通常のブログ記事は、投稿記事として作成していくのですが、固定ページはサイト作成時にまとめて作っておくことをおすすめします。

まずは、どうやって使うかを知っておきましょう。

固定ページと投稿記事の違いとは

固定ページと投稿記事の違いとは?

大きな違いは、固定ページで作るページは、それぞれ独立している点です。

投稿記事は、カテゴリー(設定してある場合のみ)や月別アーカイブ(自動的)に属すことになるので、トップページとリンクが張られた状態です。

ところが、固定ページは作成しただけでは、どこにもリンクが張られていない状態にあります。

モカ

フッターメニューとして表示するなどして、トップページとリンク(内部リンク)させましょう。

当サイトでは、一番下のフッターメニューに固定ページを並べて表示してありますが、グローバルメニューサイドバーなどに設置してもいいでしょう。

check!

他にも、固定ページは投稿記事と違って「カテゴリーやタグを選べない、RSS機能がない」などの特徴があります。

【ページ属性】から親ページを選択できたり、テーマによっては固定ページのテンプレートが選択できたりもします。

固定ページの具体的な使い方

一般的な使い方は次の5つです。

固定ページのよくある使い方
  1. お問い合わせ
  2. サイトマップ(記事一覧)
  3. プロフィール
  4. サイトポリシー
  5. まとめ記事

他にも、商品販売ページやQ&Aページなど、日付に関係なくユーザーに見てもらいたい内容を掲載するページを作るのに適しています。

※プロフィールやまとめ記事は、投稿記事で作る人もいます。書いた直後はいいのですが、何年か経つと「古い情報なのかな」と読者に思われてしまいますので、定期的に更新したり、日付を表示させないなどの手を加えた方がいいかもしれません。

プラグインを使って固定ページを作る方法

お問い合わせ」「サイトマップ(記事一覧)」ページは、プラグインを使えば簡単にできますので、作り方をご紹介します。

1.お問い合わせページを作る

サイトを運営するときは、外部からの問い合わせを受け付けるページを設置しておきましょう。

ユーザーからの質問が来たり、新規ASPから掲載依頼が来ることもあります✨

私の運営しているサイトでは、お仕事の依頼を受けることがほとんど。何よりも、窓口を設けていることで、サイトの信頼度は格段にアップします。
 

check!

当サイトのお問い合わせページはこんな感じ。 ⇒ お問い合わせ

Step1 プラグインをインストールする

お問い合わせページを作成するのによく使われているのは、Contact Form 7というプラグイン。

設定も簡単ですし、カスタマイズもできるのでおすすめです。

ダッシュボードから①プラグインをクリック。

contactform7インストール方法

②キーワードに「Contact Form 7」と入力し、③インストール⇒有効化します。

Step2 「Contact Form 7」の設定をする

プラグインを有効化すると、ダッシュボードに「お問い合わせ」という項目が現れますので、①「新規追加」をクリック。

contactform7設定方法

②に好きな名前(お問い合わせ、Contactなど)を付けます。

③保存をクリックすると、④ショートコードが作成されますので、コピーします。

【フォーム】というタブでは、お問い合わせページの項目を設定できます。とりあえずデフォルトのままでOK。

contact-form-7メール設定

【メール】のタブを開いて、メールを受け取るアドレスを確認しておきます。

デフォルトでは、ワードプレスの初期設定で入力したメールアドレスになっていますので、違うものがよければ変更しましょう。

Step3 ショートコードを固定ページに貼りつける

Step2でコピーしたショートコードを、ダッシュボードの「固定ページ」⇒「新規追加」に貼りつけます。

お問い合わせページの作り方

パーマリンクには、意味のわかる英単語(スラッグ)をつけましょう。

これで、固定ページを使って「お問い合わせ」ページが作成できました✨

2.サイトマップページを作る

サイトマップは、記事の一覧のこと。

ユーザーが、「どんな記事があるのか一覧を見たいな」と思うこともありますので、必ず設置しておきましょう。

記事を追加するたびに記事一覧を作り直してもいいですが、プラグインを使えば自動的に追加してくれるのでとても便利です。

check!

当サイトのサイトマップページはこんな感じ。 ⇒ サイトマップ

Step1 プラグインをインストールする

サイトマップページを作るには、PS Auto Sitemapというプラグインがよく使われています。

Ps Auto Sitemapインストール

先ほどと同様に、ダッシュボードの「プラグイン」からインストール⇒有効化します。

Step2 「PS Auto Sitemap」の設定をする

有効化すると、ダッシュボードの「設定」に「PS Auto Sitemap」が追加されますので、クリックします。

Ps Auto Sitemap設定

「PS Auto Sitemap」の設定画面の一番下に表示されているコードをコピーします。

Ps Auto Sitemapコード

Step3 コードを固定ページに貼る

Step2でコピーしたコードを、ダッシュボードの「固定ページ」⇒「新規追加」に貼りつけます。

PS Auto Sitemap固定ページ

②「下書きとして保存」をクリックして、いったん保存します。

PS Auto Sitemap

①パーマリンクにスラッグを記入します。

「sitemap」とするとエラーになることがあるので、「site-map」のようにハイフンを入れるといいでしょう。

②公開ボタンをクリックします。

この状態ではまだ固定ページにサイトマップは表示されません。

Step4 記事IDを調べる⇒「PS Auto Sitemap」の設定画面に登録する

PS Auto SitemapID

固定ページを公開すると、検索バーに「記事ID」が表示されるので、コピーするなどして控えておきます。

check!

ワードプレスでは、記事のIDが必要になることがよくあります。

調べるには、編集画面の上に表示されたURLを見るか、公開したページ画面の上部(黒いバー上)の「投稿の編集」にマウスを持っていくと画面の左下に表示されます。

「PS Auto Sitemap」の設定画面に移動し、「サイトマップを表示する記事」欄に、先ほど調べた記事IDを入力します。

「PS Auto Sitemap」の設定画面

設定を保存すれば、固定ページにサイトマップが表示されます。

Step5 スタイル(デザイン)を変更する

デフォルトのままでもいいですが、いろいろなスタイルが設定できるので、好みのものに変更してもいいでしょう。

「PS Auto Sitemap」の設定画面

サイトマップに表示させたくないページがある場合は、先ほどと同様に記事IDを調べて、「除外記事」の欄に記入しておきます。

check!

少し古いプラグインなので、常時SSL化(https化)したサイトの場合、スタイルによっては「混在コンテンツ」の警告が出てしまうことも。気になる場合は「スタイルなし」を選択しておきましょう。

これで、サイトマップページは完成です✨

サイトマップは2種類ある?!

1つは、今回作るようなユーザー向けの記事一覧。

もう1つはGoogleなどの検索エンジンに、サイト内のページの存在を知らせる役割のもの。

SEO的に言えば、重要なのはGoogle向けのものですが、記事一覧としてのサイトマップもユーザビリティという観点で大切なものです。

固定ページを「まとめ記事ページ」として使う

まとめ記事ページとは、同じテーマで書かれた記事をまとめて紹介するページのことです。

イメージとしては、次のような感じです。

まとめ記事サンプル

コーヒー豆の種類についてのまとめ記事なら、見出しには「ブルーマウンテン」「モカ」などが入り、それぞれの関連記事へのリンクを張ります。

まとめ記事を固定ページで作る大きな理由は、サイト名で検索されたときに検索結果に表示されることがあるからなんです✨

Google検索結果

固定ページをしっかりと作り込むと、上記のように固定ページが検索結果として表示されます。

投稿ページが表示されることもあるようですが、いずれにしてもグーグルに「ユーザーの役に立ちそうなページだ」と認識してもらいやすくなることはSEO的にも有効です。

これだけでクリック率もあがりますので、まとめ記事ページをコンテンツとして作るようにしましょう。

【まとめ】ワードプレスの固定ページってどう使う?投稿記事との違いは?

ここまで、固定ページと投稿記事の違いや、詳しい使い方をご紹介してきました。

固定ページと投稿記事の違い
  • 固定ページ 日付のいらない(更新しない)ページ ⇒ 「お問い合わせ」など
  • 投稿記事 日付のある(更新する)ページ ⇒ 「ブログ記事」など

固定ページで作成したページは、サイトの信頼度を高めるのに役立ちますので、丁寧に作りましょう。

モカ

きちんと設置していることでユーザーに安心感を与えますし、「記事の内容も信頼できそうだ」と思ってもらえますよ。